トリートメントの必要性|我孫子市の美容室・美容院をお探しならホワイトボックスへ|我孫子店・天王台店・湖北台店

我孫子市の美容室『WHITE BOX』

WHITE BOX 天王台店

天王台店のブログ

トリートメントの必要性

こんにちは。

今回はお題の通り、トリートメントは

「なんで必要なのか?」についてです。

 

 

まず夏なので紫外線での日焼けから

フォーカスしていきます。

 

 

1.キューティクル


 

髪のキューティクルは髪の中のたんぱく質、

水分、カラーの色素などを髪にとどめておく

ふたの役割をしています。

 

 

なのでキューティクルがボロボロになると

そういったものたちが外に出やすくなるわけです。

 

 

紫外線によってキューティクルちゃんは

表面を焼かれてしまい、ボロボロに。。。

 

他にも、ドライヤーの乾かしすぎ、アイロンの熱

薬剤の過剰負荷、乾燥等、色々ありますけど、

全部は大変なので今回は紫外線に集中します。

 

ここで考えられる結果としては、

・カラーの退色が早くなる

・乾燥してパサつく

・枝毛

 

 

次に中に入っていきます。

 

 

 

2.コルテックス


 

ここで言う「コルテックス」とは

先ほどあげた、たんぱく質、水分、カラーの色素

などが入る場所です。

 

 

ちょっと専門的になってきちゃったので、

たとえ話にしていきます。

髪全体を「のり巻き」と想像してください。

キューティクル→のり

コルテックス→ごはん

具→芯

とイメージしてください。

 

 

のりがボロボロになります。。。

 

 

ごはんでてきますよね。。。

 

 

のり巻き今どんな状態ですか?

 

 

 

僕はうちの1歳半の子供が食べ散らかした

おにぎりが思い浮かびますw

 

 

ご理解いただけたでしょうか?

わかりづらかったらすみません。。。

 

これがいわゆるダメージってやつです。

 

中身がスカスカになっていけばいくほど

ダメージもしやすくなります。

 

*髪の芯については

ない人もいたり、太い人もいたりで

いまだ解明されてないみたいなので

無視してください。

 

 

 

本題・トリートメント


いままでは髪のしくみを説明してきました。

ここでは、当店のトリートメント

「コンポジオEQ」で説明していきます。

おおきく何をするかというと、

ご飯を詰めなおして、のりをキレイにする。

これがサロントリートメントです。

 

お家でのトーリートメントは、

表面のコーティングがメインですので、

のりをきれいにしていても、中がスカスカでは

髪の状態は良くありません。

 

なのでベストを尽くすのであれば

サロンケア+ホームケアが必須です。

 

ではシステム説明です。

コンポジオEQは4液システムです。

 

ザックリ行きます。

 

(1液)ご飯を補給します。

 

(2液)ご飯と手をつないで入ってきた穴から

出られないように固定します。

 

(3液)のりをキレイにして4液を定着させる

ベースを作ります。

 

(4液)3液と結合してしっかり髪の表面を

コーティングします。

 

(ホームケア)4液がとれないように補強する

 

*大体ホームケアと4液は同じものになってます。

これがトリートメントシステムです。

 

髪の状態によって、お手入れのしやすさや

カラー、パーマなどの持ち、スタイルの良し悪しも

全然違ってくるので、まず素材づくりとして

トリートメントは必要となってきます。

 

多々細かいところは端折ってますが、

おおまかに髪のダメージについて、

なぜトリートメントが必要なのか

なんとなくご理解いただけたら幸いです。

 

トリートメントメニューはこちら↓

http://www.b-whitebox.com/tennodai/夏のおすすめメニュー/ ‎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果

・カラーの退色が早い

・乾燥しやすく、パサつく